衣斐 明

平成17年3月 朝日大学歯学部卒業 歯科医師免許取得
平成17年4月 青葉第2歯科入社

平成19年4月 名取デンタルクリニック医局長就任

平成22年 医療法人盛真会理事長就任

平成23年(株)ゼネラルスタッフ第2代表取締役就任 

平成30年 医療法人盛真会理事長、(株)ゼネラルスタッフ第2代表取締役退任

この度、仙台市太白区富沢の歯医者 富沢西EBデンタルクリニックを開設させて頂き、1年が経過しました。多くの患者様に来て頂き、心より感謝申し上げます。

1年が経過し、総勢スタッフ10名のクリニックになりましたが、順調にスタッフが成長し、クリニックが、充実してきたと報告したい所ですが、かなり苦戦しています。いかに、時間や伝統や蓄積した信頼が大事か、思い知らされました。自分一人の力での限界を感じ、打ちのめされた気持ちになりましたが、諦めず、自分の方向性や思いを丁寧に、ゆっくり、時間をかけて話をしていきたいと思います。また、クリニックを成長させていく上で、前職のクリニックの運営が、自分を周りが支え、理解してくれたスタッフや先生が、スタッフ教育などを如何に支えてくれていたのかを痛感し、今まで、支えてくれていたクリニックのスタッフや先生に、改めて深く感謝の気持ちを持つようになりました。今回、一緒に、新しいクリニックを作る事はできませんでしたが、改めて、深く感謝したいと思います。その上で、また、新しいスタッフ、先生ともに、互いに、リスペクトし合える関係を新たに、構築したいと思います

この度、令和3年5月より、6月末まで、増築工事を行い、7月頭より、ユニットを3台増やします。それに伴い、鈴木一望先生が、このクリニックの新しい先生として迎え、自分と2人体制になります。鈴木一望先生ですが、患者様思いの素晴らしい先生です。患者様に、納得していただける事をモットーとされている先生で、皆様のご期待に応えれる先生と思いますが、自分と同じで、皆様から、色々学ばせて頂き、共に少しずつ成長させていただければと思います。後述で、鈴木一望先生の紹介もしてますので、是非、見て頂けたら幸いです。

1年経過して、もう一つ、令和3年1月より、歯科医師会に入会させて頂きました。その際、歯科医師会の理事(佐藤副会長、枝松常務理事他、皆様)の方々に、歯科医師会の存在意義を詳しくご説明させて頂きました。サポートを受けると共に、自分のできる事を貢献できたらと思いました。皆様と野球をしたり、お話を少しずつさせて頂けたらと思います。単身で、開業する事は、大変難しいと感じました。やはり、個人で開業する時に、何らかの組織のサポートを受けた方が、数段、運営に集中でき、要らない軋轢を生まず、ストレスをかなり減らせると思います。今回、遅れて入会した(初めから入会しなかった)のは、自分なりに、前職の仕事と歯科医師会との自分なりの一定の配慮をしたつもりでしたが、結果、失敗だったところもありますが、不器用な自分らしいかなと思います。改めて、歯科医師会の理事の方々、会員の皆様に、感謝申し上げます。

改めて、自分の紹介をさせて頂きたく思います。

昭和53年9月30日、岐阜県大垣市に、生まれました。親父は、薬剤師をやっており、プロパー(薬メーカーの営業)の仕事で、全国転々と転勤していました。仙台にも、貝ヶ森で、小学生を過ごしました。公立の高校受験、大学の医学部受験を失敗し、失敗だらけの青年期でした。

親父が、医療関係者だったこともあり、何となく、実家(岐阜)から、自転車で通える朝日大学に、入学しました(恥ずかしながら)。自分の頃は、コンビニより、歯医者が多いと言われていた時代で、危機感を植え付けられた学生時代でした。自分の頃は、研修医という制度がなく、とにかく、患者様を診させて頂ける環境を探して、幼少期に過ごした仙台の地の徳真会に、入社しました。徳真会では、創業者の松村理事長に出会い、様々な勉強をさせて頂きました。自分としては、自分の人生で、一番影響を受け、勉強させて頂いた先生でした。松村理事長には、国家観や外貨を獲得できる歯科業態を目指す姿勢、大きな視点で、物事を考える事を学びました。物事を成し遂げた方には、必ず賛否があると思いますが、背伸びして、自分が至らなくて、そのレベルになくても、国家観(どんな考え方でも)や歯科界の事(色々な考え方)を考え、行動する事は、今の時代、日本に欠けている事だと思います。自分は、今、個人開業をさせて頂き、小さな事を積み重ね、一から作り出す仕事をさせて頂いていますが、上手くいかなくても、国家観や歯科界への貢献を心の奥底に志し、現実と向き合いながら、一人でも多くの患者様に、ファンになって貰えるようなクリニックを作りたいと思います。

歯科矯正を15年以上教えて頂き、親父のように相談させて頂いた日本歯科矯正学会の終身指導医の山田勲先生、インプラントのみならず、レベルの違う歯科治療を教えてくださった昭和大学インプラントセンター長の宗像先生、また、母校のインプラントの教授で、グループのインプラントコースを立ち上げに尽力頂いた永原教授、歯科衛生の裾野を広げる為、奨学金制度や教育に協力いただいた横山先生はじめ、多くの一流の方々に支えられ、学ばさせて頂き、改めて感謝すると共に、良いクリニックを時間が掛かると思いますが、作り上げたいと思います。

1年経って、クリニックは、まだまだです。ただ、自分としては、諦めず、よりスタッフ一同成長し、できるだけ多くの地域の皆様のファンとなって貰えるクリニックを作りたいと思います。

改めて、まだまだのクリニックに関わらず、多くの患者様に来て頂き、感謝や励ましのお声を頂きました。開業に至るまでも色々な思いがあり、苦しいところもありましたが、患者様に支えられ、踏ん張る事ができています。これからも、まだまだ成長途中のクリニックですが、一生懸命努力致しますので、応援頂ければ幸いです。

富沢西EBデンタルクリニックを何卒、宜しくお願いします。

令和3年 5月5日    富沢西EBデンタルクリニック  衣斐 明

鈴木 一望

初めまして!富沢西EBデンタルクリニックの鈴木一望と申します。

この度、令和3年4月より勤務させていただくこととなりました。

まずは僭越ながら、この場をお借りして自己紹介をさせていただければと思います。

私は岩手県の盛岡市の隣にある矢巾町という地で歯科医師である両親の元に生まれ、育ちました。幼い頃から両親の背中を見て育った私は、物心つく頃から自然と歯科医師を目指すようになっていました。

父は私が小学6年生の時に病気で他界してしまいましたが、本当に患者さん思いの素晴らしい技術を持った歯科医師で、私が今でも一番憧れている歯科医師です。

その後、私は両親の母校でもある岩手医科大学を卒業し、歯科医師となりました。

女手一つで育ててくれた母には感謝してもしきれません。これから少しずつでも恩返ししていきたいと思っております。

私は卒業後、北海道大学病院にて1年間研修医を経たのち、神奈川県内のクリニックに勤めておりました。肺の病気を患い(※コロナではないですよ)前職場を退職し、その後結婚を機に妻の実家のある仙台に移り住もうと考えていた折に、衣斐先生と出会い、先生のお人柄と目指すクリニックのコンセプトに強く惹かれ、現在の富沢西EBデンタルクリニックに勤めさせていただいております。

衣斐先生からは歯科医師として、そして人として、多くの大切なことをいつも学ばせていただいております。

私は患者様には常に安心して治療をお受けいただけるよう、丁寧な治療はもちろん、温かい空気作りと、分かりやすい説明を重視させていただいております。

どんな治療方法があるのか、治療別のメリット・デメリット、どれくらい治療回数がかかるのか、どれくらい費用がかかるのか、とにかく患者様ご自身が今どんな状況で、何が行われたのか?お口の中は細かい部分の治療も多く、そういった疑問が多いのが歯科治療だと思います。そのような疑問を少しでも減らし、患者様みなさんが納得してお帰りいただけるよう常に心がけております。

携わらせていただく患者様みなさんの生活を少しでもより豊かなものになるよう、私自身常に研鑽を重ね、より良い歯科治療をご提供させていただきます。

長くなりましたが、富沢西EBデンタルクリニックで皆様とお会いできるのを楽しみにしておりますね。

どうぞよろしくお願い致します。

富沢西EBデンタルクリニック 鈴木 一望